COLUMN

コラム一覧に戻る ホームに戻る

安倍政権 こんな対策でいいのですか

column 安倍政権 こんな対策でいいのですか

令和2年度補正予算の中で、

感染拡大防止策と医療提供体制の整備及び治療薬の開発として18,097億円計上されています。

この中で、PCR検査機器整備、病床・軽症者等受入れ施設の確保、人工呼吸器等の医療設備整備、応援医師の派遣への支援等には、1,490億円のみ、医療機関等へのマスク等の優先配布に925億円、人工呼吸器・マスク等の生産支援117億円、幼稚園・小学校、介護施設等におけるマスク配布などの感染防止対策に792億円、アビガン確保139億円、産学官連携による治療薬等の研究開発に220億円、などとなっています。

これに対し、次の段階としての官民を挙げた経済活動の回復として18,482億円計上され、中でもGo To キャンペーン(仮称)に、16,794億円投じられます。これは全世帯に向けた10万円支給とは別の話です。現在のコロナ対策に医療現場への支援が、コロナ沈静化後の経済活動資金の1/10以下というのはいかがなものか。

 

今の経済状況を踏まえ、一般国民への生活支援は10万円支給を何回でも行う必要がある。しかも『手を挙げた人にだけ』なんて馬鹿なこと言ってないで国民救済を即座に実行することが求められる。支給が5月以降なんて呑気なことを言わないでほしい。アベノマスクだっていらないが、まだ届いていない。

 

 

記事の投稿日:2020年04月22日


Past articles
Past articles

▼ PAGE NAVIGATION

診療案内 手の外科診療 医師の紹介 手術 リハビリテーション 診療時間・月間スケジュール 医院概要・地図 お知らせ コラム ホームに戻る

▼メディカルフィットネスのページはこちら!

メディカルフィットネス 煌煌 fun-fun

認知症・介護予防を目的とした55歳以上専用フィットネス