COLUMN

コラム一覧に戻る ホームに戻る

宮城県それでいいのか:水道事業の外資ヴェオリアへの売却

column 宮城県それでいいのか:水道事業の外資ヴェオリアへの売却

現在、宮城県では水道事業を民間へ売却しようとしており、非常に強い危機感を持っています。

水は人が生きていく上で欠くことのできないものなので、人の命を預かる医師として、人権そのものである水を利益の対象としてしまうことは、決してあってはならないことだと思います。

仙台市水道局も同様な意見を持っています。

なぜ拙速に民営化なのか。

今回予想通り、水メジャーのヴェオリアに決まったようです。
水道利用料金は全て外資に奪われてしまい、経営基盤の強化と称して地元産業から搾り取られるでしょう。
お金が宮城県内で回らないため、宮城の地方経済はさらに悪化していくと予想されます。

県民の健康にも、地域経済にとってもこれはあってはならない政策だと思います。

2021年4月3日(土)

仙台市弁護士会館にて13:30より

水ジャーナリストの 橋本淳司さんの講演会があります。

このままだと、6月の宮城県議会で、水道事業を売却する企業が承認されてしまいます。

何としてもこれをくい止め、水道を県民の手に戻す必要があります。

そのためには、県民の皆さんの声が必要です。

是非、ご参加ください。

記事の投稿日:2021年03月20日


Past articles
Past articles

▼ PAGE NAVIGATION

診療案内 手の外科診療 医師の紹介 手術 リハビリテーション 診療時間・月間スケジュール 医院概要・地図 お知らせ コラム ホームに戻る

▼メディカルフィットネスのページはこちら!

メディカルフィットネス 煌煌 fun-fun

認知症・介護予防を目的とした55歳以上専用フィットネス