COLUMN

コラム一覧に戻る ホームに戻る

コロナワクチン接種後死亡2例目、因果関係が評価できない

column コロナワクチン接種後死亡2例目、因果関係が評価できない

コロナワクチン接種後の死亡2人目です。

厚生労働省は、接種後の死亡報告2例目の概要を公表しました。

26歳女性で、死因は小脳出血の脳幹部圧排、くも膜下出血等、脳出血ということです。1回目ワクチン接種後にアナフィラキシーはなく、接種後3日目は通常勤務していました。接種後4日目に夜勤に出勤しなかったため家族へ連絡し、同僚職員も自宅へ向かいました。家族、警察、救急隊が死亡を確認しました。

死亡後に行われたC Tの結果、血腫や石灰化が確認されました。血管腫や髄膜腫などの血管性腫瘍からの出血が疑われ、脳動脈瘤の可能性もあり、くも膜下出血の広がりもあったということです。ワクチン接種との因果関係については、『情報不足等により、ワクチンと症状名との因果関係が評価できないもの』と分析したのです。

死亡報告1例目についても、『内因性のくも膜下出血と判断した』としてワクチン接種との因果関係は評価できない、としていました。

予想していた通りですね。

政府はワクチン接種により、副反応などで死亡した場合、国の予防接種健康被害救済制度で一時金4420万円支払われるとしていましたが、結局のところ『因果関係は評価できない』ということなのです。最初から支払うつもりはないのです。一人認めてしまうと、芋づる式に認めなくてはなりませんから。

そもそも、このワクチンの安全性についての結論が、ファイザーからもまだ出ていないのに接種開始していること自体、国民を守ろうとしていないということなのではないでしょうか。

記事の投稿日:2021年03月31日


Past articles
Past articles

▼ PAGE NAVIGATION

診療案内 手の外科診療 医師の紹介 手術 リハビリテーション 診療時間・月間スケジュール 医院概要・地図 お知らせ コラム ホームに戻る

▼メディカルフィットネスのページはこちら!

メディカルフィットネス 煌煌 fun-fun

認知症・介護予防を目的とした55歳以上専用フィットネス