COLUMN

コラム一覧に戻る ホームに戻る

安達太良敗退(2011.3.6)

column 安達太良敗退(2011.3.6)

 マラソンの筋肉痛も1日だけひどかったがその後回復して自転車通勤も再開した。東京マラソンに参加したS隊員がしばらく遠ざかっていた雪山に是非行きたいとのことで6日にさっそく安達太良へ行ってきた。
 早朝は澄み渡る青空で午前中は天気がもつだろうと判断(期待?)したが、あとから天気図をみると小さな気圧の谷がはいっていた。風は徐々に強まり、最初は頂上付近のみにかかっていた雲は稜線全体を覆い尽くした。ゴンドラも動いていない。リフトを乗り継いでスキー登高することにした。ゴンドラ駅までは天気がいい。樹林帯は風も弱く心地よい雪山散歩ができたが、高度を上げるにつれて風が強くなり雪まじりになった。1,570m付近まで達すると、強風の上にホワイトアウトになった。今日の予定では山頂から勢至平を経て塩沢温泉スキー場へ降りるはずだった。いくらGPSを持っているとはいえ強行することは危険を伴う。即決そこから下山する事にした。しかし雪面もよく見えず滑り降りる事すら難しかった。シールを付けたまま下山開始。次第に視界が利くようになりスキーの機動力発揮。ゴンドラ駅まではすぐだった。シールを外してゲレンデを滑降。S隊員は学生時代スキー部、E隊員は米沢出身でスキーはお手の物だ。スキー技術もない私はついていくのがやっとだった。駐車場に着くと腹はぺこぺこだ。いつものように“成駒”のソースカツ丼と温泉を堪能した。帰りはお土産に“風花”でチーズケーキを買った。

記事の投稿日:2011年03月06日


Past articles
Past articles

▼ PAGE NAVIGATION

診療案内 手の外科診療 医師の紹介 手術 リハビリテーション 診療時間・月間スケジュール 医院概要・地図 お知らせ コラム ホームに戻る

▼メディカルフィットネスのページはこちら!

メディカルフィットネス 煌煌 fun-fun

認知症・介護予防を目的とした55歳以上専用フィットネス