COLUMN

コラム一覧に戻る ホームに戻る

グランデコスキー場から西吾妻(2012.2.11)

column グランデコスキー場から西吾妻(2012.2.11)

 2月11日(祝)の天気図は、緩い等圧線が東北地方に入り込んで高気圧が近づいている状態だった。日本海に低気圧が発生すると思われ、午前中なら天気はよいと見込んだ。6時半仙台を出たが、磐越自動車道は4kmの渋滞との表示。途中で国道に降りたものの、猪苗代からグランデコスキー場へ向かう道路はアイスバーンとなってまたもやノロノロ運転。ナンバープレートからは関東方面からくる車が多く、雪道に慣れていないばかりかあろうことに途中でチェーンを巻いているではないか。結局スキー場に着いたのは10時半。かなり出遅れてしまった。上空は風が強く雲が流れている。稜線には雲がかかっている。早朝よりは雲の切れ目が多くなってきたので、天気は回復しそうだ。準備を整え、ゴンドラに乗り込んだ。リフトを乗り継いで、新雪の山へ歩き出したが、既に入山したグループがいるらしく、ラッセルされて道ができていた。西大巓までは雪のかぶった樹林の間を進んで行く。気温がだいぶ低く、ワカンを踏み込むたびにククッとパウダー状の雪を靴底に感じた。バックカントリースキーやスノーシューのグループ、西吾妻山小屋に泊まるグループなど結構入山していた。頂上直下の稜線に出ると、雲はだいぶ上空に上がったようで、西吾妻山までの樹氷の平原が見渡せた。時折流れる雲の合間から陽が差し込んで、樹氷が白く輝いた。山々はふんわりとした無垢の新雪に覆われていた。頂上で一休みすると、その新雪の中へ縦横無尽に駆け下りた。皆子供のようにはしゃいでいた。遠く飯豊連峰の稜線はやはり雲で覆われている。樹氷のなかの風もない閑かな瞬間。他に誰もいない空間。白い別世界だ。西吾妻小屋までたどり着いて一休み。それぞれ雪山の感触に思いを馳せ、笑顔になっていた。さああとは下山するだけだ。
城整山の会K隊員のブログでは動画も見られます。新雪の中、子供の頃に戻って走り回る隊員達の様子は、見ていると楽しくなってきます。

 

下記アドレスの中の『西大巓』です。
http://blog.goo.ne.jp/tarokakazu

記事の投稿日:2012年02月19日


Past articles
Past articles

▼ PAGE NAVIGATION

診療案内 手の外科診療 医師の紹介 手術 リハビリテーション 診療時間・月間スケジュール 医院概要・地図 お知らせ コラム ホームに戻る

▼メディカルフィットネスのページはこちら!

メディカルフィットネス 煌煌 fun-fun

認知症・介護予防を目的とした55歳以上専用フィットネス