COLUMN

コラム一覧に戻る ホームに戻る

CDCはCovid-19ワクチンを接種した10歳代の心筋炎症例の実数を隠している

column CDCはCovid-19ワクチンを接種した10歳代の心筋炎症例の実数を隠している

CDCはCovid-19ワクチンを接種したティーンエイジャーの心筋炎症例の実数を隠している
by the exposé on January 3, 2022

 

https://dailyexpose.uk/2022/01/03/cdc-hiding-true-number-of-myocarditis-cases-in-covid-19-vaccinated/

 

米国疾病管理センター(CDC)は、Covid-19注射剤のいずれかを受けた後、13,000人に1人が心筋炎を経験すると推定しており、これは「まれな」有害事象であると主張しています。
しかし、このように主張することで、CDCは、思春期や若年成人の集団にワクチンの被害が外挿された場合に発生する心臓へのダメージの大きさを無視することにしています。2021年には、実験的なCovid-19 mRNAの注射によって何万人もの若者がダメージを受けたため、心筋炎のための緊急外来が急増しました。

心筋炎は、心筋に炎症を起こし、心臓の血液を送り出す能力を低下させる疾患で、急速な心拍数や異常な心拍数を引き起こすこともあります。
最終的には心筋炎によって心臓が弱り、体の他の部分に十分な血液が行き渡らなくなります。その結果、心臓内に血栓ができ、脳卒中や心臓発作を引き起こすことがあります。その他の合併症として、心臓突然死があります。心筋炎には軽度のものはなく、心筋の再生ができないため、非常に深刻な状態になります。そのため、一度発症してしまうと元に戻すことはできません。
スティーブ・カーシュ氏が設立したワクチン安全研究財団は、米国疾病管理センター(CDC)が、ワクチンを接種したばかりの10代の若者の心筋炎の本当の数を隠していると考えています。
年初にワクチン有害事象報告システム(VAERS)を徹底的に調査したスティーブ・カーシュ氏は、心筋炎の発生率は10代の少年の317人に1人程度だと推定しています。Kirsch氏は、VAERSの報告不足係数である41を用いて、10代の若者の心筋炎発生率の概算を算出しました。41という報告不足係数は、ワクチン接種後の最も深刻な有害事象についてVAERSシステムで発生する平均的な報告不足の大きさです。
しかし、心筋炎の症例は救急医療によって解決されるため、この有害事象は80倍も過少報告される可能性があります。これは、VAERSシステムにおいて死に至らない有害事象で発生する過少報告の平均的な大きさです。したがって、現実的には、心筋炎は10代の少年の150人に1人の割合で発生している可能性があります。
VAERSのデータによると、心筋炎は若い男性が若い女性の10倍の割合で発症していることになります。日本から英国までの規制当局は、これらの実験的なmRNAワクチンが、特に若年層において心筋炎を引き起こす「非常にまれではあるが潜在的なリスク」があると警告しています。

英国MHRA安全性データ
心臓の専門家であるPeter McCullough博士によると、Covid-19の注射によって心筋炎を起こした子供たちの90%は入院することになるそうです。
彼らは劇的な心電図の変化、胸の痛み、初期の心不全を起こし、それを乗り切るためには心エコー図や薬が必要となります。

VAERSのデータを詳しく見てみると、心臓へのダメージはワクチン接種を受けた人々全体に遍在しており、そのダメージは複数の方法で診断されていることがわかります。急性心不全の発生率は、VAERSでは通常の基準値の475倍となっています。頻脈の発生率は基準値の7,973倍です。急性心筋梗塞の発生率は基準値の412倍。内出血、末梢動脈血栓症、冠動脈閉塞症は、いずれも基準値の300倍を超えています。
完全にワクチンを接種した人たちは、かつてないほど苦しんでいるのです。

記事の投稿日:2022年01月05日


Past articles
Past articles

▼ PAGE NAVIGATION

診療案内 手の外科診療 医師の紹介 手術 リハビリテーション 診療時間・月間スケジュール 医院概要・地図 お知らせ コラム ホームに戻る

▼メディカルフィットネスのページはこちら!

メディカルフィットネス 煌煌 fun-fun

認知症・介護予防を目的とした55歳以上専用フィットネス