COLUMN

コラム一覧に戻る ホームに戻る

子供たちにワクチンを打たせてはいけない

column 子供たちにワクチンを打たせてはいけない

3月から5-11歳の子供たちに対し、厚労省はワクチン接種を開始しようとしている。

今回接種の『努力義務』が外されたのは当然のことであるが、今の世論が動きつつあることを示している。

先日、摂取する側の小児科医に質問してみたところ、驚くことに、このワクチンのことは全く何も知らないことが分かった。ワクチンの成分やその安全性、危険性を十分に調べもせず、製薬会社から出されたデータと説明書を鵜呑みにしているのだ。

医師として、患者さんの身体の中に異物を注射するのだから、知らなくてはならないはずだ。

スパイクタンパクの危険性すら知らないのだ。ラットの実験で48時間後にはLNPが卵巣に高濃度に集積するというファイザーの報告すら知らない。

治験中であれば、そうした事実を全て説明する必要があるはずだが、『親御さんからの要望が強いから接種する』らしい。彼らは、何も知らないのに、医師としての使命感でワクチンを注射するらしい。

小児科医が知らないのだから、普通の人たちが知るはずもない。教育委員会も学校長も、学校行事や会議の準備で忙しい。悲しいことに、将来ある子供達のことを真剣にじっくり考える時間もない。マスクによる障害も調べようとしないし、受け入れようともしない。そして毎日のように、子供たちに過剰な感染予防対策を刷り込んでいる。もうそれは人間ではなく単なるロボットだ。無表情で、愛も情のかけらもない。子供たちにとって今、何が一番大切かをわかっていない。彼らにとって、感染が起きてしまうことが、不名誉なことなのだろう。結局保身で感染対策をしている。この異常事態に対し何の疑問も抱かないのもそのためである。子供たちが、その犠牲になっている。

真剣に子供のことを考えて欲しい。

お子さんへのワクチン接種を考えている親御さんへ

と題して、子どものワクチン接種について科学的な見地から、そして実際に被害にあわれた生の声から危険性を伝えるとともに、ワクチンによる死者、ワクチンによる被害者の社会的なハラスメント被害も含めて人権問題としてもこの「ワクチン接種」の問題をシリーズでとりげます。
マスメディアの隠蔽、政府、厚労省の違法行為、ありとあらゆる問題が「ワクチン接種」とその後の「ワクチン後遺症」の中から浮かび上がってきます。
このシリーズはその実態をお伝えし、子供さんに絶対にワクチン接種をさせないよう伝えていきたいと思います。
こどもコロナプラットフォームはこどもたちを新型コロナウイルスワクチンのあらゆるリスクから守るために立ち上げました。
現在、政府やメディア、自治体などによる情報発信が、ワクチンを積極的に推進する情報に異常に偏っています。ワクチン接種は自己判断と言いながら、国民がワクチン接種のリスクとベネフィットを正しく判断するための情報が得られない状況に、私たちは大きな危機感を抱いています。

ニコニコ動画

https://www.nicovideo.jp/watch/sm40019252

南出賢一 泉大津市長から5歳〜11歳のお子さんをお持ちの親御さんへのお願い

と題して、子どものワクチン接種について科学的な見地から、そして実際に被害にあわれた生の声から危険性を伝えるとともに、ワクチンによる死者、ワクチンによる被害者の社会的なハラスメント被害も含めて人権問題としてもこの「ワクチン接種」の問題をシリーズでとりげます。
マスメディアの隠蔽、政府、厚労省の違法行為、ありとあらゆる問題が「ワクチン接種」とその後の「ワクチン後遺症」の中から浮かび上がってきます。
このシリーズはその実態をお伝えし、子供さんに絶対にワクチン接種をさせないよう伝えていきたいと思います。
こどもコロナプラットフォームは、こどもたちを新型コロナウイルスワクチンのあらゆるリスクから守るために立ち上げました。(正式には一般社団法人こどもコロナプラットフォーム。サイト内ではすべてこどもコロナプラットフォームと表記)
現在、政府やメディア、自治体などによる情報発信が、ワクチンを積極的に推進する情報に異常に偏っています。
ワクチン接種は自己判断と言いながら、国民がワクチン接種のリスクとベネフィットを正しく判断するための情報が得られない状況に、私たちは大きな危機感を抱いています。

ニコニコ動画

https://www.nicovideo.jp/watch/sm40027955

記事の投稿日:2022年02月13日


Past articles
Past articles

▼ PAGE NAVIGATION

診療案内 手の外科診療 医師の紹介 手術 リハビリテーション 診療時間・月間スケジュール 医院概要・地図 お知らせ コラム ホームに戻る

▼メディカルフィットネスのページはこちら!

メディカルフィットネス 煌煌 fun-fun

認知症・介護予防を目的とした55歳以上専用フィットネス